class act

記事一覧(23)

「ザ・ノンフィクション」

初めまして。 ティ・カトウと申します。 このブログに記事をと言われて、わかりましたと返事をし、2秒後にそのことを忘れてしまい、今こうして本番直前に投稿している男。 それがティ・カトウです。 よろしくどうぞ。 さて、タイトルの「ザ・ノンフィクション」というのはテレビでやっているアレです。 「生ぃきてぇーーー生ぃきぃてぇいるぅーーーー」のエンディング曲でおなじみのアレです。 何故その話をしたかというと 今回参加している芝居 「ロング・グッドバイ」(通称 ロンバイ)と「バーサよりよろしく」(通称 バサヨロ) が海外から来た「ザ・ノンフィクション」な感じがするのです。 そして今回演じている研究生たちの人間模様もまた 「ザ・ノンフィクション」な感じなのです。 芝居の内容に関してはネタバレになるので言えませんが、今回の稽古中にこんな1シーンがありました。 稽古が終わり、それぞれが帰り支度をしている中、突然研究生A君が死にかけたバッタのような顔をしながら  A君 「みんな!今日はすいませんでした!俺のために貴重な時間を使ってもらったのに・・・俺がちゃんとできないから・・・・(中略)・・・本当にすいませんでした!!」 そう言いながら、みんなの「え?急にどうしたん?」という視線を感じて、ゆっくりとすり足で後ずさっていくA君。 後ろが断崖絶壁なら火曜サスペンスの犯人です。。 これが火曜サスペンスなら逮捕されて終わりなのですが、そういう訳にはいきません。 その言葉を聞いたA先生が答えます。 A先生 「A君!できないことが悪いんじゃないの!(中略)謝らなくていい、舞台で返しなさい!」 A君 (わなわなと震えながら)「はい!!!」 この瞬間僕の頭の中にあの曲が大音量で流れだしました。 「生いきてえええええーーーー生いいきてええいるうううううーーーー♪」 ね。「ザ・ノンフィクション」でしょ? その成果は皆さま現地に足を運んでご覧くださいな。 写真は本文とは関係ありませんが、舞台で使われる小道具の「腐った金魚ちゃん」です。 こちらもチェックしてね。 じゃあね。 ティ・カトウ